メモリーバンド

おっさんが日々の事や趣味の事を書いたりする

Orange Micro Terrorを買った

Orange Micro Terror
Orange Micro Terror

オレンジのラインナップの中で一番チビのマイクロテラーというアンプヘッド買いました。 プリアンプだけ真空管のハイブリッドアンプというやつです。

www.kurosawagakki.com

少し前からマイクロテラーが中古で出ているのを知ってからずっと気になっていました。 気になったのは音ではなくて単にルックスです。かわいいは正義

まあそれは良いとして、Bad Catのアンプがあるので別に新しいアンプは必要無かったのですが、 YouTubeでヘッドホンアウトから直にラインアウトしている動画を見ておもしろそうだと思い購入しました。

感想

もうリリースされてから長いモデルなのでレビューも出尽くしている感があってアレですが。 試したのは自宅の12インチ1発とヘッドホン端子からのダイレクトラインアウトです。 とりあえずどちらの状態でも感じたのはローが足りません。というより基本ハイ寄りです。

でもってある程度ゲインを上げておかないと音が前に出ない感じがあります。 クリーンが出ないという訳ではないのですが恐らく美味しい域は歪み始めてからです。 なので基本的にクランチ~オーバードライブで遊ぶアンプなんだろうと思います。 ゲインフルテンでキツめのオーバードライブが出てきます。 気持ちファズっぽいようなオレンジのクセのあるアレです。

トーンコントロールは振り幅が大きくキャラクターが随分変わりました。 元々ハイ寄りに感じるのでクリーンでもドライブでもトーンは若干落とした方が好みでした。 トーンというかキャラクターを変えてる感じ、 キッチリ決めたいのであれば別にEQを用意するなり考えた方が良いと思いました。

the pillowsが好きなのですが、ギターの真鍋吉明さんがオレンジアンプのユーザー。 トーンを気持ち落としてドライブさせてコードを弾くと、「ピロウズの音や」と思える部分があって面白いです。

音量も相変わらずデカいし自宅でなら十分です。 ヘッドホンアウトは過度に期待しなければ大丈夫です。使えます。 前述のハイ寄りはキャビネットで結構印象が変わるっぽいので今度スタジオに入って試してみたいところです。 マイクロテラーもちゃんとオレンジでした。

最後に残念なのは今アダプターのケーブルが固いってことと、 今のエフェクターボードのドライブペダルと相性が悪いっぽいことくらいです。 このあたりは今後煮詰めていきたいところです。