メモリーバンド

おっさんが日々の事や趣味の事を書いたりする

2018年 第52週 Own price

12/23


特になし

12/24


特になし

12/25


労働

某社から電話がかかってくる。 あまり対応したくなかったのだが度合いが緊急レベルだったのでヒアリングした。 結果1時間以上電話で話をしたが、ヒアリングした内容だけでは判断が出来なかったので結果的に行くこととなった。

だいたいの事を把握できたが、調査規模からして明日対応しないと分からないという事となり解散。 今日明日で金銭が発生するようなのだが、作業内容よりまず確定申告のことを考えてしまった。

12/26


続・労働

昨日に続き律義に朝から出社し対応を図る。 昨日の時点で自由入力可能なトランザクションテーブルが問題だろうと予想していた。

やはり予想通りの動きをしていたのでどうすべきか策を練る。 結局データを修正してあとは運用でカバーすることとなった。 これは単純にコードフィックスしてもコードが読めないから無理だと言われたからだ。

しかしこのサービスはいつまで稼働し続けるのか。 下回りが2005年あたりにハードを調達した場合の構成というのもあるが、 それ以上にこのアプリケーションを延命するにはそれ相応に覚悟しないと 法律はじめいろいろ対応できなくなる。 対応できなくなってからではリスクが大きすぎる。 早く移行先を決めておかないと。

\今月の!SOFTWARE DESIGN!!/

先月号読み切ってないけど今月も購入。 機械学習の項だけちょっと読んだけどもう分からん。

ソフトウェアデザイン 2019年1月号

ソフトウェアデザイン 2019年1月号

12/27


Last Pedal 2018

今年最後の機材購入をしようとルートを考えて少し遠い店舗に行く。 今回はコンプと空間系狙い。 セカンドストリートではMalekkoのコンプとTS9とかいろいろあったが、 一番気になったのはブックオフにあったTone Monkのコンプだ。 Tone Monk自体知らないブランドだったのだが、 YouTubeでデモを聴いて欲しくなった。 が試奏させてもらったところ壊れていたので購入に至らず。 残念。

Malekkoのコンプは良い感じなのだけど、どこかローファイ感を感じたというのと TS9はOCDあればええやんと思ってしまったので買わなかった。 でも今考えたらMalekkoのコンプは試奏したアンプのせいかもしれない。 欲しくなってきた。

自分の価値について

昨日の件でお金が発生するらしい。というのは言い方が悪い。 既に余所者であるし報酬が発生することは前提で考えていたが、 この件に関しては非常にざっくりであるがグロスで考えていた。

件は収束しているので請求書という話になったのだが、金額は自分で考えて出せという。至極当然の事ではあるが、ある程度の金額を提示すると煮え切らない回答をされる。それが高いのか低いのかが読めない。

恐らく当時の給与ベースで考えているはずなので某社の単金ベースに合わないのだ。 しかし既に余所者であるしそれベースで考えてほしくないところである。

それにしても時間単価をいくらで考えていれば良いのか。 冷静に考えて今自分が個人事業主であれば果たしてどの程度の価値が妥当なのかいまいちわからない。今思う額を提示してだめならそこでまた考えようか。 世間ベースでは決して高い額ではないはずなのだし。

12/28


JRでいかにも部活帰りですという感じの女子中学生3人に何か言われる。 クソデブがしねていどならまあ良くないけど妥協というかアレだが、 もし加齢臭とかそういう類のことならマジでごめんと思った。

Last Pedal 2018 Part 2

ハードオフでは良い感じのtc electronicのリバーブブックオフでは歪み系が多く在庫があったがパッとせず購入に至らず。 途中で雪がひどく降り始めたのでエフェクターどころではなくなった。 今年最後は果たして来るのか。

この流れは明日積もるパターンなので何となく覚悟する。 この時期交通面で色々考えないといけないので面倒ではある。

12/29


やはり雪が積もっていたが昼には溶けていた。

本当に太り過ぎたことに直面。やばい。 歩いたのだがこれは時間を無駄に使っている気がする反面気分は良い。

エフェクターについて

買おうと思っていたtc electronicのAfterglowが見事に壊れていて試奏しておいて良かったと思うと同時に少し残念。 別にコーラスが欲しいという訳でもなく単に名前がアフターグロウだから。 バンドリ、ガルパやってたらまあ引っかかる単語ではなかろうかと。 エフェクターそのものは軽い感じからエグい効き方もするのでまた機会があったら今度は購入したい。

tc electronic Afterglow Chorus コーラス エフェクター

tc electronic Afterglow Chorus コーラス エフェクター

Final E1000

ビックカメラに寄ったので気になっていたFinalのE1000を購入。 イヤホンは消耗品と考えているのであまり良い物を買ったことがない、 というよりモデルを名指しして買うことが無かった。 それでもFinalの5000円くらいのモデルは以前持っていたのだけど、 これも何かで安かったから買ったとかそういう感じだったはず。 今回は商品記事を読んでから買おうと決めていた。

snext-final.com

まあそれはそれとして、E1000を少し使ってみた感想としては、 思ったより低音寄りかなということとシャリ感。 がっつりドンシャリという感じではないと思うけど、 シャリ感はポッドキャストで人の笑い声を聴いた時に気になった。 多分ボーカルを拾いやすいとかそういう傾向にあるんだと思うけど。

あとはイヤーピースがサイズ別で5セットもついているのはうれしい。 エイジングは150時間以上を想定しているみたいなので、 今後どうなるのか楽しみ。