メモリーバンド

おっさんが日々の事や趣味の事を書いたりする

コンデンサーを買って聴き比べた

f:id:memoryband:20180701211646j:plain

先日コンデンサーの音を比較する何かを作った。

memoryband.hatenablog.jp

そのタイミングでGarrettaudioさんで注文していたコンデンサーが届いたので比較してみた。 コンデンサーはハマると沼っぽいので今回は比較的安い物を購入。

検証機材

ギターはピックアップをフェンダー・カスタムショップ 69に交換したアルダーボディのフェンダーストラト

あとはギブソンレスポールスタンダード。ピックアップはバーストバッカー1・2。

Mallory 150's 0.022uF/630VDC

Mallory 150'sはネットで良いという文章を見たのでチェック。 オレンジドロップよりローがスッキリしている感じがして使いやすかった。 トーンを絞り切ってもオレンジドロップより音の分離は分かりやすいと思う。 あとMallory 150'sはコンデンサー自体が小さいので配線が楽そう。

Mallory 150's 0.047uF/630VDC

Mallory 150's 0.022㎌と比較。こっちの方がローが出る。 音の分離については分かりやすいという意味では同じ感想。 0.022㎌はハムバッカー向けの容量ではあるけど、 シングルでも好みは0.022㎌のほう。

SBE/CDE Orange Drop 716P 0.022uF/600VDC

オレンジドロップは0.047㎌だけ持っていたので。 オレンジドロップは一番流通しているものなのでリファレンス用に。 これは特に感想がない。

Philco/Sprague VitaminQ 0.056uF/300VDC

ビタミンQは以前使っていて音がこもるイメージがありあまり好みではない印象があった。 容量の問題もあるけどやっぱり今回もあまり好みではなかった。ローが強い。

ERO/Roederstein MKP1845 0.022uF/2000VDC

全てのピックアップポジションを通してコード分離がスッキリしている。 Mallory 150'sも同じような感想を持って良かったのだけど、どちらか選ぶならEROを選びたい。 その理由はトーンを絞り切った状態でエフェクターなんかでドライブさせても 潰れない感じがEROにはある気はしたから。

問題なのはちょっと大きいので配線が面倒そう。 それでも今回購入した中で一番気に入った。

Vishay/BC Components S Series Z5U 0.05uF/500VDC

EROが好み過ぎたせいか印象が薄い。 感想がそんなに無いけど、 このコンデンサーは丸くて薄いタイプなので配線はスマートに収まる。

TCC 343 0.1uF/350VDC

今回購入したもので容量が一番大きい。 トーンの効きというよりボリュームが明らかに落ちるのが難あり。 見た目がヴィンテージっぽくてかっこいいけど、 ワックスカバーでちょっとべたついているのは気になった。 サイズが大きいので配線は面倒。

Sprague Black Beauty 0.005uF/600VDC

容量的にハイパス用らしいのだが天下のブラックビューティ。 レスポールでは0.022㎌を使っているので効きが弱いだけかと思ったけど違う。 ハイパスだけあってフロントピックアップで潰れていた音が分かるので容量はちゃんと考えて使うべきだと思った。

最後に

今回買ったものの中ではERO MKP1845、Malliry 150’s 、Black Beautyがトップ3。 シングルコイル、ハムバッカー共に0.022㎌あたりのものが好みっぽい。 しかしEROがあまりに好みだったのでERO縛りで何個かまた買って好みなのを探してみたい。

f:id:memoryband:20180701211648j:plain

Malliry 150’sの容量差の比較のようす。

Fender USA Custom ’69 Strat PU

Fender USA Custom ’69 Strat PU