メモリーバンド

おっさんが日々の事や趣味の事を書いたりする

2018年 第22週 AWS Summit 2018

f:id:memoryband:20180612092429j:plain

5/27


AWS Summitに行くかどうか決めかねる。 考えるべきことが大いにある。 手術のことがあるのですぐに帰れる状態を作らないといけない。

5/28


まだ決めかねる。 とりあえずパッキングを始めるが宿泊先も決まってない。 26Lのバックパックだけだと厳しいと感じる。

5/29


最悪いつでも帰れるようなプランを立てたので 強行でAWS Summitに参加することにした。 宿泊先は馬喰町近辺。あの辺りはギリギリでもだいたい空いている。 ただ中途半端に不便だと思うので地理的にデメリットではある。 何故か総武線はあまり好きじゃない。

5/30


AWS Summit Day 1

雨、8時頃に新幹線に乗り12時ごろ品川入り。いつも通り駅ロッカーに荷物を投入して参加。

今年はセッションごとに事前申し込みのパスチェックがある。 ちゃんと聴ける状態を作ってくれていてすごく良い。 が、だんだんと不勉強さが露呈する。新しいサービスチェックすらしていないので何の話か分からなくなることが結構出てきた。セッション中はPCでサービス概要を見ながらだったりと結構ギリギリな感じがあった。しかし、置かれている状況を言い訳にするつもりもないが、仕事で触ってる人から聞く話は学びが多い。

今年は出展ブースが多い気がする。個人的に一番良いと思ったのはAWSのサービス単位でブースができていることであった。サーバーレスやセキュリティ、ストレージ別にプロフェッショナルがいたので具体的な話ができて良かった。

キーノートはストリーミングで見ることにして8時前の新幹線に乗ったのはある意味正解だったかもしれない。

駅にあるQRコードで開錠するタイプのロッカーは、iPhoneで撮影しておいたレシートの画像でも開錠できることを確認した。 QRコードが読み取れれば開くはずなので大丈夫だと思っていたが念のため実験できて良かった。

日高屋の夜

正直日高屋のラーメンはうまいと思わないがどうにも気になったのでイン。 結構いけるのではと思うも、考えてみるとこれまで何も食べていないからだった。 退店時にとんこつのほうがいいという情報を得る。

5/31


AWS Summit Day 2

Echoを使ったスマートホームのデモを見る。 ウチではGoogle HomeでせいぜいChromecastを連携させているだけなので いまいち使いきれていないのだが、対応デバイスが揃うとBTTF Part2の 世界観がいよいよ近づいたなという感じがする。

セッションの他に、はてなブースでお金払ってないけどMackerelマジで助かってますと伝えたり、 他ブースで色々聞いたりする。正直すまんかった感のある質問をさせてもらったりしたが、 ひとりで解決しそうにないコメントを貰えたので感謝。 あとは某ブースで何故かAzure Express Routeの話で盛り上がる。

帰りにEchoの割引クーポンを貰ったので購入を決意、日を跨いで注文した。

Amazon Echo Dot、ブラック

Amazon Echo Dot、ブラック

日高屋の夜 第2夜

そもそも食にこだわりがないので何でもいいのだが。 昨日の情報をもとに再度イン、とんこつラーメンを注文する。 豊洲とかそのへんの某社さんが酔っ払ってヤバいことを喋っているのをBGMに食す。 こっちのほうがうまい。

2夜連続、これでは日高屋 Summitである。

オールスター

靴擦れがひどいのでアキヨドのABCマートに行ってオールスターを買った。 オールスターは履き慣れているしどこでも買える。 汚れが目立つ色なので防水スプレーしとけとのこと。 固い紐の方が好きなんだけど最近は伸縮性のある紐がデフォルトなんだろうか。

6/1


AWS Summit Day 3

以前某社におられた方を見かけたのであいさつするも無視されて少し悲しくなる。

分からないながらデータレイクとかそのあたりを攻める。 Lambda-DynamoDBの鉄板は変わりないっぽい。

AWSと全く関係が無いのだが、 西脇さんの本を読んでからスライドの作り方や話し方に注視するようになっている。 区別する上で極端ではあるが、面白いのはSIer企業と比較的年齢が高い方のスライドは 1ページ当たりの情報量が多い。 これは以前から気になっていたし某社も基本的にこの枠からはずれていない。 こういったスライドは印刷することを視野に入れているからだと思うのだが、 何より見ていて疲れる。

対していわゆるWeb系な企業の場合は情報量についてはそれぞれあるとして、 ほぼ必ずといっていいほど緩急をつける。 例えば課題から対策セクションの合間「面倒ですよね」など、 参加者に問いかけるためだけのスライドを入れていたりする。 どうでもいいようなスライドに見えて、恐らくこれは参加者に対しての配慮で、 考える時間や整理、一時休憩の時間だと思うのだが、 これがあるのと無いのとでは同じ時間のセッションでも疲れ方が違う気がする。 ひょっとすると緩やかに次のセクションに持って行く手法なのではないかとも思ったがどうなんだろう。

などと考えつつ今年のAWS Summitは終わり。

また来年。

日高屋の夜 第3夜

日高屋 Summit Day 3。 ホテルに戻るのが遅くなったのと目の前に日高屋がある。 面倒なのでそれだけでイン。 いままでラーメンがまずいと言い続けてすまんかったと思うが醬油だけは認めない。

6/2


明日どう動くか決めかねている中、考えて一日潰すのも何なので移動。

とりあえず丸の内インデアンカレーへ。ここへは東京から帰る際に毎回寄っている。 明日は無理かもしれないので先に食べることにした。 いつもレギュラーより少しだけルー多めにしたいと思っているのだが、 ルー多めで注文すると逆に多くなってしまうのでレギュラーで注文。 年に一度のイベントになってしまっているが旨いのだから仕方がない。

行きたい場所はたくさんあったが時間は限られている。 一度東京競馬場へ行ってみたかったが、府中まで片道1時間かかるらしいので諦める。 秋葉原は行くとして、機材周りのチェックと神社だけは抑えることにした。

秋葉原はなんてことはない。何か良いものがあればと思ったけど特になし。 せっかくなので通販で買う予定だった茶軸キーを千石通商で購入。 これで水没キーボードを復旧できる。

御茶ノ水にも行ってみたが買おうと思うような機材は無かった。 確かに欲しいものはあった。エフェクターは試してみたいので何でも欲しいというのは本音だけど、 ウチにある物である程度満足しているということがここに来て分かったので、これまでの買い物は決して無駄じゃなかったのだと思う。

最後に神社巡り、昨年寄った神田明神と芝大神宮、烏森神社へはお礼参り。 御朱印帳は持ってきていたのでまた改めて書いてもらう。 あと行ける範囲で他にもいくつか立ち寄ったのだが、なにより特に念願であった明治神宮に参拝した。 人が多いのは見知っていたが、入口に隣接する原宿駅とのギャップが激しすぎたのが特に印象的だった。 といっても神社敷地内も他と違って随分騒がしい感じはあったけど行けて良かった。 御朱印帳1冊目の最後は明治神宮で締め。2冊目も神田明神で購入。

偶然ではあるが、道中破壊されたはずの竹書房前を通った。

疲れたので早めにインして寝た。