メモリーバンド

おっさんが日々の事や趣味の事を書いたりする

2018年 第12週 Repair my gear.

3/18

色々集中できない。

3/19

雨。たまたま乗った新幹線で先輩に会う。 長く付き合っていきたいと思っている人なのだが、 この人を先輩と文字にすると妙な感じだ。 駅ですれ違っているはずなのだが、タイミングが合わずどうしているのか気になっていた。 そんな中だったので数分だけど久々に会って話せたので良かった。 しかし聞いた話について自分の範疇を大きく出てしまっているが出来る限りどうにかしたい。 最後の最後に恩を返す番が来た気がした朝だった。

そのあとも久々に会った人もいて色々思うところがあった。 作業自体は手落ちが無かったものの軽くトラブルがあって完了できずクソだった。

3/20

即帰る。やる気がない。

ベース

チャットモンチーの風吹けば恋などを弾く。何となく覚えているが腕がもたないのは少し情けない。 チャットモンチーといえば、2人体制になったあとの「きらきらひかれ」で、 橋本さんがルーパーで録音した音を使ってアンプ数台を同時に鳴らすという一般人には少々訳の分からないことをやっていたのが 今でも印象に残っている。 ところでギターで使っているFulltoneのOCDとSANS AMP GT2でベースを弾いたのだがこれがたまたま良かった。 GT2についてはスイッチ不良っぽいので直さないといけない。代替でGT2を探すにしても旧型の方なのであるかどうか。

変身(初回生産限定盤)(DVD付)

変身(初回生産限定盤)(DVD付)

氷川紗夜日菜生誕祭2018

バンドリというかガルパの氷川姉妹の誕生日なのだそうだ。 今個人的にRoseliaがアツいので氷川紗夜というか工藤晴香さんの機材を調べてみたのだけどなかなかエグい。 買えそうなところでいうとSoul Power InstrumentsのBlue Vagueというシグネイチャー?ペダルは気になるが、 歪みの具合がいまいちわからないのでネット購入は少しためらう。何にしてもガルパまわりの展開がもっと広がれば良いね。

3/21

最近まともにコードを書いてない。

ルービックキューブ

頭を動かそうと思って目についたルービックキューブを手に取るが難しい。 結局解法を見たけどこれはなかなか良いので続けたいと思う。 シールが剥がれているので替えのシールが欲しい。

ルービックキューブ Ver.2.1

ルービックキューブ Ver.2.1

にこりんぱな

今日はにこりんぱな限定復活の日だ。 といってもリアルタイムでのリスナーではなかったのであれなのだが、 もう無いとずっと言われながらも待っていた人からすると、 今日はある意味奇跡的な日なんだろう。 面白かったのでCD借りてみようかと思う。

3/22

ルービックキューブ

昨日の流れでルービックキューブのシールを探しに行ったのだが売ってなかった。 代わりにタイルがシールでないモデルが売っていたので購入した。 これは頭を使うには手軽に始められるし良い。

ルービックキューブ Ver.2.1

ルービックキューブ Ver.2.1

3/23

予定していた作業がある程度終わったと思う。 このご時世というか、利用用途とかユーザー関係なしに ブートドライブがHDDのマシンというのはもう使わせるべきでないと思う。 あまりに非効率だし、待っている時間がもったいなさすぎる。

3/24

ベース再生計画

というかベースの配線構成を戻そうと思ってプッシュプルタイプのポットを買いに行った。 もともとトーンポットだけは国産のものが使われていたし、 こだわりもないのでSCADかALLPARTSので良いかと思っていたのだけど、 普段は避けているESP系列の店に数年ぶりに行きBOURNSのポットを買う。 この店に行ったのはSPIのBlue Vagueがあったら買ってやろうと思っていたからなのだが残念ながら置いてなかった。

Soul Power Instruments BlueVague

Soul Power Instruments BlueVague

帰宅して残していた配線図から仮配線してみたけどどうも違う気がする。 確か通常時はマスターボリュームで、ポットを引っ張った時にマスタートーンになったはずで、 ポットをもとに戻した時もトーンの効き具合は維持されていたはずなのだが何故かキャンセルされる。 ひょっとするとポットの内部構成が違うのかもしれない。 たしかCTSも国産とは違うとか聞いたことがあるような気がする。 調べて配線をテストしてを繰り返して答えを見つけていきたい。

そういえば使っているバッカスのJBコントロールプレートとフェンダージャパンのプレートサイズが一緒だった。 ポットの穴がミリ規格なのか小さかったがこれはうれしい発見だった。